注意しておきたいこと

エアコン

業務用エアコンを初めて導入するときに注意しておきたいこととしてまず挙げられるのは、「使用環境に合ったものを選ぶ」ということです。エアコンは、会社のオフィスや飲食店などの店舗といったさまざまな場所で使われますが、業務用であればどれでもいいというわけではありません。家庭用エアコンの場合は、使う部屋の広さによって性能を選べば、特に問題はありませんし、十分な性能を発揮することができます。そして業務用の場合も、場所の広さが選ぶ際のポイントの一つになりますが、それだけでなく、どんな環境で使うのかということもとても重要になるのです。例えば、通常のオフィスと飲食店を比べると、人の出入りの頻度は飲食店のほうが多くなるため、オフィスと同じエアコンでは対応できなくなります。ですので、業種などによって変わる使用環境の違いもよく考えた上で選ぶことが、とても大切なのです。次に注意しておきたいことは、「価格や費用が安いものは、安いなりの理由がある」ということです。例えば、エアコン本体の価格は安くても工事費がやたらと高いというケースや、基本的な工事費が安くても追加工事の費用で高くつくケースなどがあります。そのため、工事を依頼するときは、最終的にいくらかかるのかという見積もりをしっかり出してもらうことが必要です。また、全体の費用が安くても、その代わりに手抜き工事をされたり、アフターサービスがなかったりすることもあるため注意しましょう。

業務用は耐久性が高い

業務用エアコン

エアコンにはそれぞれパワーの違いがありますが、そのパワーが同じなら、業務用エアコンではなく家庭用でもいいのでは、と考える人もいるでしょう。しかし業務用は、内部の構造も外装もしっかりと作られており、さまざまな環境で使っても壊れにくくなっているという違いがあります。家庭用には安いものも多く、価格面で魅力を感じることもありますが、すぐに壊れてしまったらむしろ交換費用などで高くついてしまうこともあるため、長い目でみると業務用のほうがお得になります。

ダイキンHVACソリューション東京株式会社

職種に合わせたエアコンを提案!プロによる業務用エアコンの設置

広告募集中